ちゃみっ気

ちゃみ&シューの備忘録

正と邪の攻防

漢方では生命力のことを正気といい、病気の原因となるものを邪気といい、病気の経過はこの正気と邪気の勝敗による。生きる気マンマンのシューたろさんはまだ正気が衰えていないのだけれど、邪気のほうもまたやる気マンマンらしく、あの手この手を使って攻め…

18歳5ヵ月に

本日、18歳5ヵ月になったシューたろさん。 10月はじめの時点では、ここまでもたないか、あるいは末期的な様相になっていることを想定していたのに、そんな気配がなくてなんだか申し訳ないくらいだ。昨日、少し迷ったけれどええいと全身シャンプーしたら、案…

昔のオンナがきてくれたぜ

さて、その後のシューは相変わらず。弱っていく気配はまったくなく、部屋の隅につきあたって迷子になってはイラっているくらいだ。腫瘍は第三次の崩壊のあと、昨日カサブタがとれかけたまま、内側から第四次が崩壊し、血が混じった滲出液が出てきた。もはや…

無限ループ

展開が早すぎて、もう第三次が終了した。前の記事の振り返りから。 しぼんでシワシワの腫瘍くん(11月5日) その翌日てんかんの発作があり、一晩中興奮状態だったばかりなのに、発作明けた翌昼ごろにはもう赤く腫れてきた。 ほっとしたのも束の間......(11…

カピカピがはがれてカサカサに

腫瘍とはたぶん関係ないのだけれど、フード自体に水分を多めに入れているせいなのか、ちっこの量(回数)が増えてオムツが大活躍だった。M嬢がデコってくれた「腹巻&オムツ」のストリート系シューさん。 腰を冷やしてはいかんのよ よくクルクルまわったり、…

第二次崩壊の経過

腫瘍を発見し、余命宣告的なもののあった日からひと月が経過した。いろいろと問題はあるにはあるが、まだ力も強く、体も特に上半身はしっかりしていて、とてもじゃないが命の火が消えかかっているようには思えない。 後脚踏ん張って、全力でケーキを召し上が…

カピカピの中は......

今週のシューさんは、あまり大きな変化はなく、もちろん食欲は全開のまま。マダムから豪勢なケーキが届いたので、活力もアップした。 バックに白が被ってケーキが映えなかった...... 一昨日、夕方食べたものを2時間後くらいに吐いたので少し心配したが、翌日…

カピカピになった

食欲だけで判断すると、あと3年くらい生きていそうなシューさんなので、こんなにこまめに更新する必要もないのだけれど、安心した途端に次の展開がやってくるので、今の様子を報告しておこう。腫瘍が崩壊した翌日も滲出液がじわじわ出ていたが、痛みなどおさ…

食欲は1ミリも衰えず

シューのシコリ発見から2週間以上が過ぎ、ワーストケースとして描いていた「2週間で自力で食べられなくなる」シナリオは廃棄となった。食べられなくなるどころか、相変わらず3日間何も食べていないような勢いで食事をなさっている。とはいえ、腫瘍は8日から…

急速に発達する腫瘍

先日、かつての練習仲間がシューに会いに来てくれた。腫瘍が発覚したので元気なうちにと駆けつけてくれたのだけど、その日は落ち着いていたので、みんな安心して、これならまた次も会えるねと言って帰って行った。 9月30日〜10月7日まではこの状態 それなの…

生きる力まかせ

シューの悪性腫瘍が見つかってから1週間。出血&腫れは一晩でおさまり、その後見られない。腫瘍があることはうすうす気づいていた。何カ月か前から鼻水が出るようになっていて、いつも見ている獣医さんのブログで、高齢犬の鼻水は重度の歯周病や腫瘍のことが…

タイムリミット

なんたって18才のシュー太郎氏が先日人間換算で89才となる節目にまたもやケーキでお祝いしてご長寿起爆剤を投入した。 なんてかわいい89才なんだ みんなをのけぞらせるほどの食欲と食いっぷりは、なんだかこのままずっと生きているのではないかと思わせる。…

天の思し召しで

人間の兄弟がいないので、犬を兄弟代わりに育った私だけど、自分の家で飼っていた犬以外に、心を通わせたコが何匹かいる。虐待を受けていたところから保護されたニーニャは、人間を信用できないため、ものすごく吠える凶暴な犬だったけれど、わりと簡単にな…

誕生日の昭和歌謡シリーズ

あまりにもくだらない内容なのであっちのブログに書くことをやめて、でもこっちならいいのか?という疑問が湧きつつも、いいんです! 誰のためにもならない、好きなことを書くのがこのブログなんだからさ。 発端は2年前にこう書いたところから。chamico.hate…

いちばん偉いのはお犬様です

夢をみていた。禅の旅に行くときに使う大きなワゴン車を運転しているのだけど、思うように車を動かすことができない。シートに腰かけられず、ウトゥカターサナのような(空気椅子のような)姿勢で運転しているからだ。危ないので路肩に停車して、後続の車を…

犬の朝練回顧録

久しぶりにかつてのシューさんの運動場までお散歩に。 お散歩圏内にあるのだけど、ついでの用事がない場所なので長らくご無沙汰していた。ずいぶんお世話になった思い出の場所。 10年ほど前までここを脱兎のごとく駆けていたシューがありありと蘇る。 なつか…

ナゾの少女のこと

ある夏の日、6歳になろうとしていた年長さんの私は、近くの子どもたちの遊び場であった鐘撞き堂で、近くに住む同い年の男の子と二人で遊んでいた。私はその子に異性として好意をもっていて、記憶にある初めての「好き」という感情だった。→ラジャス風味が出…

私的蕎麦備忘録 東京編

クリスマスだから蕎麦の話でも。あ、いえ、浅草寺の初詣の人混みを思い出してただけなの。 それと、藪蕎麦御三家のひとつ「池之端藪蕎麦」はずいぶん前に閉店になっていたことをつい最近知ったから。最近、東京ではあまりお蕎麦屋さんに行ってないな。はう..…

おんぶっこ

今どきは前が主流だけど、昔はみんな後ろにおんぶしてたもんだ。それはたぶんお母さんたちが忙しかったからだと思う。いや今のお母さんたちも忙しいけどさ。時間的な忙しさではなく、家事がたいへんだったし、他にも子どもがたくさんいたからだろうね。保育…

踊る犬

ハロウィンのせいか、お山に行った木曜日に車でJ-WAVEを聴いていて1回、本日帰りのJ-WAVEでもう1回、お昼ご飯を食べたインドカレー屋さんでもBGMでスリラーがかかっていて、3日間で3回もしゅーたろさんの踊りのことを思い出した。今年の新年会で一人一芸を披…

アケボノ時代

シューがまだブリーダーさん宅にいたときの写真。 この子たちもまだ元気なのかなー。 黒ごま・きなこ・きなこの三兄弟 これ見て、頭髪の天パーな感じが相撲取りの「曙」みたいと言われ、名前をアケボノにする説も浮上していた(もちろん却下)。 どっちがシ…

はだかんぼ

おじいたんのしゅーたろさんは、もはやマーキングもしないのだけど、なぜか「いやがらせちっこ」だけは健在なり。先日、練習生が帰りアシスタント嬢と雑巾掛けをしたあとで、立ったまま話し込んでいたところ、さりげなくしのびよってきたしゅーたろさんが、…

今度生まれ変わったら......

理数系の某嬢は、哲学などの答えが明確に出ないものは苦手だと言っていたが、私はまったく逆だ。数字で答えが出るものに興味がないから、数字に関することはできるだけ避けて通りたい。フォロワーが何人とか、いいねがいくつとか、なんで数値化するのかなと…

16年前のシュー太郎氏

年末にまたどこかにぶつかって左目の角膜に傷のついたしゅーたろさん。 治ったかなと思ったら今度は右目で、新しいお薬をもらいに動物病院に行った。お散歩がてらと思ったのに、その日はどうも歩きたくなかったらしく、ほとんどの道のりを抱っこして行った。…

辻邦生山荘のこと

辻邦生という名を知ったのは、高校のころ読んでいた北杜夫の友人として文中に登場していたためであった。もう少し大人になって辻邦生に目覚め、読み終わってしまうのが惜しくて、おいしいお酒をちびちびと味わうように味わって読んでいた。20〜30代には文学…

おじいちゃんのお口......

先月お山で歯を磨いていて虫歯らしきものを発見した。東京に戻ったら歯医者に行こうと思いつつ、痛みはないので日中は予約するのを忘れて、電話したのが仕事納めの27日。正月明けの本日ようやく診てもらった。そうしたら思いの外に大きな穴が空いており、削…

流血事件

8月を最後にトリミングサロンでカットするのをやめた。 そろそろ自分でやろうかなと思っていたところに、大幅な値上げのお知らせがあったので、ちょうどいい機会だと。というのも、グルーミングはほぼ丸投げしていたので、散髪のたびにカラダの異変について…

ニコちゃんとおじいたん(+おばあたん)

ニコちゃんが遊びに来た。 うちのおじいたん、いつもならグースカ寝ている時間なのにソワソワしちゃってる。めずらしく興味を示す さあ、CHAZEN米で詫び飯をいただきましょ、ってとき。おもむろにおじいたんがおひざに乗っかってきた。明らかにニコちゃんを…

シューの世界は今どんなだろう

弱っていたのは冷えもあるが、フードの量が足りなかったのかもしれない。消化吸収がよいというフードに切り替えたのだけど、吸収がよいだけに、標準の給餌量が今までのフードの半分くらいなの。全身是食欲のしゅーたろさんには少ないと思って増量していたけ…

イヌも半身浴

余裕のよの字もなかった9月10月を経て、ようやくこっちブログにも復活よん。 さて、お山に通い始めてからメキメキと元気になっていったシュー太郎氏であるが、このところまたもや弱ってきた。例によって内臓がうまく働いてないようだし、一時ガッシリしてき…