ちゃみっ気(仮)

chayoga lifeからお引っ越し

チャーミー駆け抜ける

この一週間は出かけたり人に会うことが頻繁にあり、心がざわざわしたり、気になること、考えてしまうことが多く、そのせいでやるべきこともたまっていて落ち着かない。

で、この台風。
なんたって名前がチャーミーだっていうから、発生した時点で、どうぞ被害をもたらすようなことなく過ぎてくださいと祈っていた。伊勢湾台風以来というような表現に、それはヤバいと思っていた。伊勢湾台風は昭和34年なので私は経験していないのだけれど、うちの親からよく聞かされていた。

なんでもちょうど両親が結婚した年で、それはそれはすごい台風だったそうな。家のそばに立っていた木が倒れたらわが家が倒壊する(ボロ屋だった)ってことで、暴風雨の中、父が木を切り倒したらしい。

停電の備えを......と思ったけれど、停電自体はインドにいれば日常の出来事なので、気にせず寝た。ら、11時半少し前に、突風の音で目が覚めた。物が落ちる音や派手にガラスが割れる音がして、再び寝ること能ハズ。ニュースを見たり、外を見たり。沖縄知事選の結果に気をよくしたりするうちに、すっかり冴えてきて、気づけばもう起きる時間だった(今めっちゃ眠い)。

シューじいさんは、さすがお年寄りで耳が遠くなり、台風に気づくこともなく、したがって怖がることも吠えることもなく、グースカ眠っていた。幸せものよ。

雨風が収まったあと散歩してたら、ゴム長靴をはいた警察官が立っている。何事かと思ったら、道路には3,4メートルはある細長いトタン板みたいなものが落ちていた。ベニヤ板みたいなのも落ちていた。どこから落ちて来たんだろう? と見上げると、細長いトタン板がもひとつ電線にぶら下がっていた。げげ。

あっという間に駆け抜けていった気短かなところはチャミと同じだ。
台風で田んぼのオダは全壊したそうだ。お米ぜんぶ持ち帰って正解(今のところは、だけど)。

植木が倒れまくったシャーラーのベランダを整えたりしても、練習する時間もあった。さすが11時半起床。
で、私は何を書きたかったのだろうか。もう眠くて思い出せない。さすが11時半起床。

ただ駆け抜けていったチャーミー。
ちゃみさんは、明日から軌道を修正しよう。

f:id:chazenyoga:20181001194458j:plain
シートが剥がれて久しぶりにナマ空が見えた今朝のCHAZEN