ちゃみっ気

ちゃみ&シューの備忘録

若さと老いが代わりばんこに

マイソール中は、練習が終わった人を待ち構えてオヤツをもらうという営業活動に忙しいシュー太郎氏だが、マイソールが終わると営業終了!とばかりにコテっと眠り、昼過ぎまで爆睡タイムに入る。

こないだあいちゃんが来たときも、お茶を飲んで話している間ずっと寝ていたのだけど、ずっとそのシューを優しく撫でていたあいちゃんが「シューが息してない!」と言うので見たら、いつも大きく体を動かして眠っているのに動いていない。ちょうどそのとき病気とか死について話していたので、おじいちゃん寝ている間にポックリ逝っちゃったか?!と一瞬ギクっとしたが、触ったら動いた。

さすがに最近は元気だったり、そうでもなかったりが混じっていて、イヌもヒトもこうやって老いていくものなんだと思って観察している。目がよく見えないからか、誰もいないのに、人の顔の高さをずっと見つめていたりする。ときどき人や物にぶつかったりする。食欲は衰えないのだけど、消化力がついていかないので痩せてしまった。

足腰はまだ大丈夫そうだけど、大久保通りの坂を牛込神楽坂駅のほうへ上がっていると、坂がイヤなのか、あまり歩きたくなさそうに立ち止まったり、ノロノロ歩きになったりする。そんなに急な坂でもないのだけどね。

そんなおじいちゃんが、お山に行くとがぜん調子が出て、犬が変わったようにぐんぐんぐいぐい力強く歩いているのでびっくりだ。

f:id:chazenyoga:20190330135605j:plain
上り坂も駆け上がる


それは私が山道を歩きたいと思っていた気持ちと重なる。うちらにとっては山がホームじゃけんね。もう少し一緒にてくてく歩きを楽しみたいなあ。

f:id:chazenyoga:20190330141348j:plain
年取ったら、他犬のマーキングチェックがとてもねちっこくなった