ちゃみっ気

ちゃみ&シューの備忘録

ファンキーモンキーなシュー

腫瘍はこのところカサブタのまま内側からの腫れも見られず、落ち着いている。ガンは糖分がお好きとのことなので、いつも食べているフード(炭水化物の穀類が含まれている)の分量を減らして、鶏のササミ肉を入れているのが有効なのか。

ただ、そのせいでうんチョスの量がだいぶ減った。
繊維質が足りないのかもしれないので、ブロッコリなどの野菜を混ぜるようにしてみたりしたが、カロリーが減ったせいか痩せてきてしまった。それで、またフードの量を多くしてみているが、うんチョスが順調に増えて、今度はうんのフライングをされた。ちっこのフライングとまったく同じ場所で......。

11月の終わり頃からの脳神経症状についても、鳴き叫び事件以来落ち着いていて、毎朝マイソールの間によく寝ていたのがここ数日は起きているようになり、でもおとなしくしていてかわいらしい。

f:id:chazenyoga:20211208183156j:plain
ちょこんと収まっている


ところで、数日前からシューが夜寝ているときに布団の中で何度も位置を変えて、私の体に乗り上げたり、顔のほうに上がってきたりと暴れていた。暑いときに何度も布団を蹴ったり寝返りを打つような風だったので、その状態を「煩悶」とシューの病状を尋ねる練習生に話したら、伝わらなかったらしく、

「ハンモン??」
「ファンキーモンキー?」


すげー。
女子高生との会話みたいだ。

ハンモン → ファンモン → ファンキーモンキー というその連鎖っぷり。


そのあとスートラの準備しているとき、煩悩という字を見たら思い出し笑いが止まらなくなった。しかも、♪きみはfunky monkey baby! の歌付きで。

f:id:chazenyoga:20211208190511j:plain
ファン(ヒーター)キー・モンキー・ベィベ♡


しかし、よく考えると、煩悶と形容したシューの状態はファンキーなモンキーとも言える。

天才発言か?


次は何がくるのかわからないが、とりあえず今はファンキーでモンキーよ。