ちゃみっ気

ちゃみ&シューの備忘録

天の思し召しで

人間の兄弟がいないので、犬を兄弟代わりに育った私だけど、自分の家で飼っていた犬以外に、心を通わせたコが何匹かいる。

虐待を受けていたところから保護されたニーニャは、人間を信用できないため、ものすごく吠える凶暴な犬だったけれど、わりと簡単になかよしになった。

インドで出会ったタフィーもまた、人を震え上がらせるほどの恐ろしい、そして実際に噛む犬だったけれど、2カ月を一緒にすごすうちに、特別な存在になった。

https://chayoga.exblog.jp/tags/%E3%82%BF%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC/


最近では、分校のご近所さんちのアルバちゃん。

f:id:chazenyoga:20210708182013j:plain
マーブル模様が美しい


大人しい子で、最初はシューにも私にも関心なさそうだったけれど、同じ目線で話しかけていたら気が通じるようになった。

もし私が自分の好みの犬を飼うとしたら、大きい犬を選ぶだろう(住宅的金銭的な条件で断念するだろうけど)。そして、犬にはまったく興味のないシューなのに、大型犬だけには好意的に近寄っていく。特にアルバちゃんには。

f:id:chazenyoga:20200907175319j:plain
ちび犬にも大人の対応


お昼をごちそうになり、おしゃべりに夢中になっていてふと気づくと、アルバちゃんが私の足元で寝ていた。危うく蹴りそうな距離で。

f:id:chazenyoga:20210708183726j:plain
うちの子みたいでたまらなくかわいい


そんなかわいいアルバちゃんがひと月ほど前に虹の橋を渡ったって。

それを知ったきのうは、思い出すたびに涙がとめどなくあふれてきて、夜にはまぶたが疲れて目が開けていられなくなった。

大きな体に抱きついたときの感触が忘れられない。
話しかけると、ちゃんと聞いてくれていたその顔つきが目に浮かぶ。


シューよりずっと若かったのだけど、みんなそれぞれ生まれ持った寿命があるのだろうね。短いとか長いというのはあまり大した問題ではないんだと思う。どの子も何かしらの運命で飼い主さんのもとに召され、かけがえのない時を刻んだのちにお空に帰っていく。

切ない。
切ないけれど、その与えられた時間を慈しんで受け入れるしかないよね。

地球上に犬や猫がどれくらいいるのかわからないけれど、その中のたった1匹とめぐりあうというご縁こそ、まさに天からの思し召しだ。たぶんシューは、まだその思し召された使命を果たし終わってないだけなのだと思う。

ペットクリニックの先生は、私をひとりで置いていけないと思ってがんばってるんじゃない?と言っていたけど、そんな殊勝な犬じゃないな。ただ、CHAZENの継続という使命のために(そうとは知らずに)長生きしているというのはあるかもしれない。

いつでもその思し召しを受け入れるという態度でいることが、ペットロスを軽減するヒントになると思う。ペットだけでなく、人でも同じ。五蘊は空であるということが理解できなくても、与えられたものを受け入れるという態度でいることができれば、苦しみは最低限にできる。

そして、今このときを存分に生きること。
振り返って後悔しないこと。


アルバちゃん、お空の向こうでシューを待っていてね。
今の様子だとまだ先になりそうだけど、そのときはよろしくね。

誕生日の昭和歌謡シリーズ

あまりにもくだらない内容なのであっちのブログに書くことをやめて、でもこっちならいいのか?という疑問が湧きつつも、

いいんです!
誰のためにもならない、好きなことを書くのがこのブログなんだからさ。


発端は2年前にこう書いたところから。

chamico.hatenablog.com


いやいや、今思えばホントに「まだ16歳」だったわ。
このあたりから「来年はないかもしれない」という前提で過ごしてきたので、一日いちにちがボーナス特典みたいな気分なんだよね。


この歌は思ったより知ってる人がいた。
松本伊代はリアルタイムで見ていた人もわりといると思われる。


で、ひとつやるとすぐ調子に乗って次もやりたくなる性分だから、17歳では南沙織を出してみた。

chazen.hatenablog.com


子供のころ好きだったなー、南沙織
調査していないけれど、活動期間が短いので70年代生まれの人も知らないであろう。ただ、森高千里にカヴァーされたので、17才という歌自体はわかる人が多いかもしれない。

コロナが完全に収束して、思いっきり飛沫を飛ばしてもいい時が来たら、同世代とカラオケに行って南沙織を熱唱してみたい(敬老会かよ)。


そいで今年、18歳と言ったら私のなかでは絶対的に岡崎友紀だったのだ。

chazen.hatenablog.com


南沙織同様、私より下の世代はまず知らないだろうね。「おくさまは18才」とか「なんたって18才」とか、父とチャンネル争いしながらよく見ていたもんだわ。まだテレビは一家に一台がふつうだった時代。そして、私がいちばんテレビをみていた時代かな。

今調べたら「なんたって18才」は1971年の放送だったので、私は小学4年生だったと思うけど、伊豆大島でこのドラマのロケをしているところに遭遇したのだ。ナマ岡崎友紀かわいかったなー。

その旅行はたぶん、おじいちゃんと一緒に旅行!というテーマだったのだろうけど、うちの家族と親戚一家&祖父の総勢8人で行ったんさねー(なつかしさのあまり群馬弁)。

で、またまた思い出写真館。
そのとき三原山で馬に乗ったときの。

f:id:chazenyoga:20210627174616j:plain
前に乗ってるイトコがかわいんさねー


この馬を引くおじさんがとってもいいおじさんで、寒くないようにジャケットをかけてくれたり、いろいろやさしい口調でお話をしてくれたのをよく憶えている。それで、次に来たときもまたこの138番の馬に乗るからねって約束したんだよ。これはたぶん父に番号入りの写真を撮ってと頼んだものだろう。だって、ふつうのスナップショットだったら、馬全体と子どもたちが中心のはずなのに、おじさんが全身で馬は上だけなんて。

このときの総勢8名のうち半分は他界したけど、おじさんは今ご存命かしら......。

それにしても、シューの生まれる33年くらい前の話だけど、私はまだビフォー還暦で、シューはもう米寿なんだね。

来年19才の歌は思い浮かばないから、昭和歌謡シリーズはとりあえず18才でおしまい。来年の誕生会、あったらすごいなあ。今の食欲の感じだとありそうだけどねw

いちばん偉いのはお犬様です

夢をみていた。

禅の旅に行くときに使う大きなワゴン車を運転しているのだけど、思うように車を動かすことができない。シートに腰かけられず、ウトゥカターサナのような(空気椅子のような)姿勢で運転しているからだ。危ないので路肩に停車して、後続の車をやり過ごす。ふう、事故にならなくてよかった。

目的地の旅館に着いた。
純和風旅館の、木でできた階段を上る。

階段はらせん階段のようになっていて、各階に踊り場のようなスペースがあって、そのほんの一畳ほどの場所が客室なのだとわかり、びっくりしてのけぞっている私。階段だけの旅館って......。

そこで目が覚めた。
なんとシューが枕と平行に、布団の幅いっぱいに寝ている。
お犬様にぐいぐい押されて布団を占領された人間様は、端っこ20センチくらいのところで身を縮こませて小さくなっていた。

それがウトゥカターサナで運転したり、階段しかない旅館の夢になったんかー。

ナットク。

昔はぐいぐい押し返したり、「ちょっとぉ〜、もっと端に寄りなさいよ〜」とか文句言ったもんだけど、今はお犬様が安眠できるなら人間様はいくらでも耐え忍びますわ。

お山に泊まってたとき、いったん起きてなにかしてから戻ったら占拠されていた写真。これはまだマシだったね。

f:id:chazenyoga:20210601174139j:plain
オレ様の寝床......

犬の朝練回顧録

久しぶりにかつてのシューさんの運動場までお散歩に。
お散歩圏内にあるのだけど、ついでの用事がない場所なので長らくご無沙汰していた。

ずいぶんお世話になった思い出の場所。
10年ほど前までここを脱兎のごとく駆けていたシューがありありと蘇る。

f:id:chazenyoga:20210529105850j:plain
なつかしい匂いがするな(昨日のシュー)


ここで出会った甲斐犬(だったかな)のマル嬢、ピレニアン・シープドッグのウラン嬢、パグのブク嬢の3匹は、一足先に虹の橋を渡ってしまったことを思うと、ひとつの時代の終焉のようで泣けてきた。

播磨坂でお花見した日。
3.11のあとでお花見宴会は自粛だった年だね。

f:id:chazenyoga:20210529123805j:plain
シューやっぱりデカかった(2011年)


あのころは毎日シューとバトルしてたな。

今思えば当たり前だけど、実家では山道をノーリードで思いっきり走っていたシューなので、東京の町内一周的な散歩ではぜんぜん足りなかったと思う。あまりに暴れん坊なので、もっと疲れさせたいけど、自分は毎日ヘトヘトだったので、誰もいない早朝を狙ってこっそりノーリードで走らせていた。

chayoga.exblog.jp


ところが、そんなまだ暗い時間なのに散歩している人たちがいて(4時半集合だったとか)、一緒に犬の朝練をさせてもらうようになったのだ。

chayoga.exblog.jp


見事に女子たちから相手にされなかったシュー。
「アンタじゃまよ」くらいな態度で小馬鹿にされてたのだけど、そこはKY犬だけに、我関せずでおやつもらいたさに走ってた。小学校のときそういう男子いたなあ、みたいな。

f:id:chazenyoga:20210529125900j:plain
おやつもった人の間をひた走る(2011年)


そうそう、シューは草食系ってことになってたんだった。

chayoga.exblog.jp


そうして犬の朝練を終えてから自分の朝練に行っていた日々。
CHAZENをオープンするまでの3年くらいだったけど、思い出深い濃密な時間だった。

また、ありし日のシューをなつかしんでいる私。

シューはまだ元気で生きてるけど、暴れん坊だったあのころとは別の生き物になってるからね。今はすっかりかわいい愛玩犬よ。

ひと粒で二度おいしいシューさん。

ナゾの少女のこと

ある夏の日、6歳になろうとしていた年長さんの私は、近くの子どもたちの遊び場であった鐘撞き堂で、近くに住む同い年の男の子と二人で遊んでいた。私はその子に異性として好意をもっていて、記憶にある初めての「好き」という感情だった。→ラジャス風味が出てきた。

しばらく遊んでいると、その子がうんちしたくなったと言って少し離れたところ(アウトドア)に行ったのね。→それに対してええ?!とか思わなかったのはやっぱりまだサットヴァ?

で、ひとりで待っていたら、突然そこに父がやってきた。バイクにひとりの女の子を乗せて。

この子の名前は覚えていないのだけど、イメージ的にはマキコちゃんだったような......。というのも、マキコちゃんはあるときから見かけるようになったものの、いつの間にか姿を消してしまったから。同じ小学校にもいなかったので、このあとまもなく引っ越して行ったと思われ。

そこで父が写真を撮ってから、うんをして帰ってきた男子におまえは帰れと言って(せっかく楽しく遊んでたのに〜)、マキコちゃんと私をバイクに乗せ(インドかよ的な昭和時代)、今まで入ったことのないビルの屋上みたいなところに連れて行ったのだった。

子どもながらに、なんなんだこの展開は?と思っていたけれど、そこはさすがに子どもなので、マキコちゃんと遊べばそれはそれで楽しかったのだった。というより、なぜかなぜだか、このときばかりはふざけ回ってもちっとも怒られなくて、好き放題にワルふざけさせてもらえたのだ。存分に楽しみつつも、何か解せないものを感じていた。そして、マキコちゃんはどこんちの子だったのだろう。

そのナゾの少女とのナゾの時間のことを考えては、あれこれ妄想をめぐらせている。

もはや誰にも確かめることのできないナゾ。なぜもっと昔に父に尋ねなかったのだろうと思う。なぜ今になってこの子のことが気になるのだろう。ふつうにおすまし顔の写真で見るとマキコちゃんはすごく美形だ。今どこで何をしているのだろう。

たぶん、ワケありだったのだろうなあと私の妄想は結論づける。

以下妄想......
マキコちゃんのお母さんがなんらかの理由で夫の元から逃れ、温泉街の飲み屋で働いていた。その飲み屋で、自分の娘と同い年の子が知らない土地で友達もいないという話を聞いた父が、プルシャと結びついたプラクリティのごとくおせっかいな気持ちを出して、その子に思いっきり楽しいことをさせてやろうと考えた。
......のではないか。

当たらずとも遠からず、のように思える。

この写真は家のどこかにセロテープで貼ってあったようで、剥がした痕が残っている。単に父がカメラで遊びたかっただけかもしれないけど、ナゾの少女には想像力を掻き立てられる。

f:id:chazenyoga:20210322181937j:plain
今で言う「変顔」ですな


このころにはもうすっかりちゃみこさんの成分ができあがっていたような気がする。寿司屋のカウンターで「イクラ!」「トロ!」とのたまっていたころだな。三つ子の魂百までとはよく言ったもので、いまだにこんな感じで生きている私です。

私的蕎麦備忘録 東京編

クリスマスだから蕎麦の話でも。

あ、いえ、浅草寺の初詣の人混みを思い出してただけなの。
それと、藪蕎麦御三家のひとつ「池之端藪蕎麦」はずいぶん前に閉店になっていたことをつい最近知ったから。

最近、東京ではあまりお蕎麦屋さんに行ってないな。

はう......。


【浅草】
chayoga.exblog.jp


【神楽坂】
chayoga.exblog.jp
chayoga.exblog.jp
chayoga.exblog.jp


chayoga.exblog.jp


chayoga.exblog.jp



【根津】
chayoga.exblog.jp

chayoga.exblog.jp

chayoga.exblog.jp



【神田】
chayoga.exblog.jp


【渋谷】
chayoga.exblog.jp


【池尻大橋】
chayoga.exblog.jp


【白金】
chayoga.exblog.jp

おんぶっこ

今どきは前が主流だけど、昔はみんな後ろにおんぶしてたもんだ。

それはたぶんお母さんたちが忙しかったからだと思う。いや今のお母さんたちも忙しいけどさ。時間的な忙しさではなく、家事がたいへんだったし、他にも子どもがたくさんいたからだろうね。保育園とかじゃなくて、自力で面倒見ながら重労働してたんだよね。

マイソール指導の場合も、前だと無理だよね。

2014年2月はこんな試みをしておりましたのよ。

f:id:chazenyoga:20201221175557j:plain
かわゆし


明日はスリングに入れてみようかな。